2018年06月18日

ジグソーパズルについてPart4

こんにちは

今回は、ジグソーパズルの歴史ゴッホのパズルの進捗状況の3回目を紹介するよ。

ジグソーとは、英語の"jigsaw"(糸鋸、いとのこ)のことで、もともとパズルが木の板を
糸鋸で切って作られたことが由来です。1760年頃に、ロンドンの地図職人で技師の
ジョン・スピルズベリが、子供の教育のために国の形のジグソーパズル
(完成すると地図ができる)を作ったのが最初と考えられています

次は、進捗状況についてです。
現在は、2輪のひまわりが出来てきています。
前より特徴のあるピースが少なくなってきたため、
出来るスピードがゆるやかになっちゃった…のピースがほとんどなくなってしまい、
オレンジ黄色系統のピースがまだ沢山残っています。

s-0618(1).jpg

裏に模様でヒントが描かれているので、少しでもわかりやすくしようと思って5グループぐら
いに分けました。この作戦が吉と出るか?凶と出るか?結果は、次回のブログで分かると
思うので楽しみにしてね)^o^(

ブログ担当 ユズ姫・レイン
web拍手
posted by まる at 10:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: