2018年07月23日

小田原城に行ってきました〜

こんにちは
例年にない早い梅雨明けで、本格的に夏が始まりました絵文字(汗).gif

3連休に、神奈川県にある小田原城に行ってきました。
今回は、小田原城の歴史や自分の感想を紹介します
s-0723(1).jpg

まずは、小田原城のあらすじです。
小田原城は元々、室町時代に大森氏が山城として建てたものでそこから小田原に進出し、
北条氏が5代に渡って約100年間守ってきました。
1560年に当時天下統一まで目前としていた豊臣秀吉は、
上杉・武田・伊達・徳川・島津といった名だたる大名を従えてきて、
ついに豊臣氏は北条氏が守る小田原を攻める決断をしました!

次は、小田原の戦いの内容を一部紹介します。
豊臣秀吉軍配下上杉軍(兵力11万)VS北条氏(兵力3万)が始まりました!
上杉軍の圧勝と思いましたが、3代目の氏康(このとき既に引退し、息子の氏政に家督を譲る)と
4代目の氏政と有能な武将達による活躍で、次々と相手の守る城を攻め落としていきました。
しかし最後は、上杉軍の勝利に終わりました…
その後は豊臣秀吉率いる本隊も到着し、小田原城完全に包囲する展開になりました。
s-0723(2).jpg

その戦いの中で有名なのが、『一夜城』です。
一夜城とは、簡単に言えば昨日まで何もなかったはずの場所に、
次の日に大きな城が建っていたということです。
これを1日で作ったと勘違いされる方も多いと思いますが、そうではなく城の完成の
間近に樹木を取り払ったことで突然城が出現したように見え、
北条氏がそれを見て驚き小田原城の落城が早まったとされています
実際は約80日間かかったとも言われています。

5代目の氏直氏は最後まで頑張ったけど、豊臣軍の圧倒的な力の差で敗北し
北条氏は5代目で滅びてしまいました。
その後の小田原城は大久保氏などに守られていきましたが、
台風などの影響があって崩壊され現在は再現されています。

ここからはユズ姫の感想です。
今回は運よく特別展示室に入ることができました。
中に入ってみると木のいい香りがして、実際に石落としや矢を投げる空間が
見ることができました。
武将たちは下から敵陣が来たら城内から攻撃するためにあるらしいです。
↓の写真は特別展示室です。
s-0723(3).jpg

私は家族旅行で富山城をみたことがありますが、全然スケールが違って迫力がすごかったです
そのために階段が多く急だったため移動に疲れてしまったけど、いい運動になりました。
お城の歴史、展示室で本物の剣や鎧を観賞したり、天守閣(メインのお城)に
入ることできて良かったです。
いい思い出になりました)^o^(
s-0723(4).jpg

ブログ担当 ユズ姫
web拍手
posted by まる at 11:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | 【ユズ姫】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: